読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  ポーカーの高速道路とけものみち

     自分の大好きなポーカーに関する戦略などを紹介



このブログについて

自分の大好きなポーカー(特にTexas Hold'em(テキサスホールデム))
というゲームに何か貢献ができないかと思い、ブログを始めました。    
ポーカーに関する戦略などを紹介していきたいと思います。         

世界でいちばん詳しいWSOP参加ガイド(4)

4 ラスベガス到着~ホテルまで

4.1 ラスベガス・マッキャラン国際空港の歩き方

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/originals/d0/4f/95/d04f95aa686a3eed57e98926f360229e.jpg

 

基本的にはみんな同じところに行くのでみんなについていけばいいだけですが、

航空会社によって荷物引き取り場(バゲッジクレーム)のターミナルが異なります。

JALの人はアメリカン航空が多いと思うのでターミナル1行きのモノレールに、

ANAの人はユナイテッド航空が多いと思うのでターミナル3行きのモノレールに乗ってバゲッジクレームまで行ってください。

いずれにしても、同じ飛行機に乗っている人は同じターミナルのバゲッジクレームに行くので、周りについていけば大丈夫ですw

 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d7/McCarran_airport_las_vegas.jpg

アメリカン航空の場合は、↓のとおり、Dゲートに着いて、ターミナル1のバゲッジクレーム(2と書かれているところ)に行きます。

 

f:id:shimadajp:20161018072252j:plain

 

ユナイテッド航空の場合は、同じくDゲートに着くのですが、ターミナル3のバゲッジクレーム(2と書かれているところ)に行きます。

 

f:id:shimadajp:20161018072314j:plain

 

バゲッジクレームで荷物をピックアップしたら、ホテルへ向かいます。

 

4.2 ロストバゲッジ

たまにとは言えない頻度で発生するのが荷物の紛失(ロストバゲッジ)です。

ベルトコンベアから荷物が全部なくなったり、周りに自分以外残っていないほど荷物が出尽くしても、自分の荷物が出てこない場合、乗継の際にトラブルがあったことが考えられます。

その場合は、ロストバゲッジ(Lost Baggage)というオフィスが近くにありますので、そこで手続を取りましょう。

基本的な流れは次のとおりです。

  • 「ロストバゲッジ」と告げる。
  • 航空会社を言って、(搭乗券についている)荷物預かり証(控え)を見せる。
  • パスポート・航空券を見せる。
  • 荷物が見つかり次第届けてもらうため、ホテル名を伝える。
  • ロストバゲッジの証明書をもらう。

完全に紛失することはめったになく、乗継空港での積み忘れ、積み遅れが原因なので、24時間以内にはホテルに荷物は届くことが多いです。

10~20%くらいの確率で起こるので、当日過ごせるだけの必需品は手荷物で持っておくことをお勧めします。まあ大体のものは買えますが。

私も何度もロストバゲッジしています。(5回~10回の間くらい。2015年はシアトル経由で行きも帰りもロストバゲッジしました。)

 

 

4.3 ホテルまでの交通手段

ホテルまでの交通手段は、主に次の4つです。

  1. タクシー
  2. UBER
  3. 空港のシャトルバス
  4. レンタカー

 

4.3.1 タクシー

一番便利で分かりやすいですが、長蛇の列で30分以上待つことも多いので、要注意です。

今はUBERの方が便利かもしれません。UBERが捕まればですが。

乗り場は、ターミナル1も3も駐車場側の出口に出てすぐのところにあります。

係員が行列を捌いていてくれるので楽です。

f:id:shimadajp:20161018093054p:plain

 

f:id:shimadajp:20161018093117p:plain

 

料金は、空港利用料、チップ(18%)込みで20ドル~30ドルくらいです。料金は渋滞度にも寄ります。

よく高速を使って遠回りされたということを聞きますが、高速を使った方が確かに距離は長いですが、時間は圧倒的に早いこともあり、下道を行った結果、時間はかかるは料金も高くなるはで散々な目に遭うこともあるので、あまり神経質になる必要はないんじゃないかと個人的には思います。

ただ、タクシー運転手の質も年々落ちてきているので、私は最近は大体レンタカーを使っていますし、車が捕まればUBERの方が便利かもしれません。

 

4.3.2 UBER

ラスベガスでもスマホを使ったライドシェアリングサービス「UBER」が利用できます。米国ではUBERはかなり一般的で、一度使うとタクシーを使う時代には戻れないほど便利です。

UBERは、要はスマホで運転手を呼んで乗るスタイルの一種のハイヤーサービスですが、タクシーと比べた際のメリットは次のとおりです。

  • 圧倒的に安い。見積もりを見てみると、リオまで9~13ドルです。チップも不要です。
  • 行列が不要。今やってみたら5分以内に迎車すると出てました。飛行機が着いたら大量に注文が入ると思うので、混むかもしれませんが。
  • 会話等のやり取りや金銭のやり取りが一切発生しないので、英語の心配も要らないし、遠回りされることもない。運転手・車種の通知、乗り場、行先、料金の支払いのすべてがスマホ上(日本語です)のアプリで完結するので、待ち合わせ場所に行き、車に乗るだけで何もしなくてもホテルに連れて行ってくれます。もちろん会話を楽しみたい人は話しかけたら快く相手をしてくれます。
  • 変な運転手に当たることがまずない。乗客による運転手の格付け(☆1~5)がされているため、マナーが悪いとか道をよく知らないとかいった変な運転手に当たることはまずありません。

UBERを呼ぶには携帯電話の認証が要るので、日本でアカウントを作ってから来ることをおススメします。

因みにこのプロモーションリンクで登録をすると、初回の乗車料金が最大2000円無料になります。(私も2000円分の無料券が入るのでWin-Winですw)

登録はコチラから(初回乗車2000円分無料!)↓

https://www.uber.com/invite/ahxmmdtnue

 

UBERの乗り場は↓のとおりです。

ターミナル1では、2番ドアの近くのエレベータで2階まで上がり、歩道を通って駐車場の方まで歩くと、2M階に左側に乗り場があります。

ターミナル3では、52番、54番、56番の近くのエレベーターで1階(Level1)まで行って、歩道を駐車場の方まである区とバレーパーキング(Valet Parking)の階に乗り場があります。

https://www.mccarran.com/portals/0/Images/ridesharemap675x350.jpg

 

なお、ラスベガス空港ではSMSを運転手に送っての待ち合わせなどは不要の模様です。

*2017年1月にラスベガスに行くので、ターミナル3については、写真を撮って実際に使ってみたいと思います。

 

 

4.3.3 シャトルバス

シャトルバスは時間がかかるのでラスベガスでは私は一回も使ったことがありませんw

片道9ドル~11ドルなので、タクシーよりは安いですが、それほど差がある訳でもなく、乗客が集まるまで出発しないしホテルを順に回っていくので時間もかかります。

 

ターミナル1では、↓の図のとおり、駐車場の反対側の出口にシャトル乗り場があります。出口7番~13番の辺りで乗れます。

タクシーとも逆側です。

 

f:id:shimadajp:20161018093314p:plain

 

ターミナル3では、駐車場側の出口で、タクシー乗り場を渡った先にあります。

 

f:id:shimadajp:20161018093339p:plain

 

シャトルバスは予約もできますが、予約がなくてもシャトルバスでホテル名を告げてお金を払えばそこまで連れて行ってくれます。

スーツケース1個につき1ドルチップを渡しましょう

 

 

4.3.4 レンタカー

車の運転が苦にならない人にとってはレンタカーが一番気が楽で便利な選択肢でしょう。ただし費用はそれなりにかかります。

日本の免許証と国際免許証が必要です。

国際免許は次のサイトを参考に取得してください。有効期間は1年です。

国外運転免許証取得手続(本人による申請) 警視庁

 

レンタカーは予約しておくことを強くおススメします。

大手としては、Hertz、Avis、Dollar、Enterpriseがありますが、

私はRentalcars.comで検索して一番安いところを選ぶことが多いです。

www.rentalcars.com

 

車の大きさは好みに応じて選べばよいと思いますが、私は傷がついたとか気にするのが嫌なので、車両保険の控除額なしのプラン(自車輌損害補償制度(LDW))を必ずつけることにしています。これをつけておかないと、傷が付いた場合には、1か所につき控除額分(100ドルとか)を払わないといけなくなりますし、英語でいちいち交渉するのは面倒なので。

 

レンタカーの受付カウンターは、レンタカーセンターにあるので、どこの会社を利用するにも手続は同じです。

レンタカーセンターへは、専用のシャトルバスに乗って行きます。

乗り場は、ターミナル1は、10番ドアと11番ドアの間、ターミナル3は51番と54番のドアの間か55番と58番のドアの間にあります。

 

f:id:shimadajp:20161018093604p:plain

f:id:shimadajp:20161018093537p:plain

 

 

シャトルバスに乗って3マイルほどの距離のところにレンタカーセンターがあります。

https://www.mccarran.com/portals/0/Images/RACMapInterior.jpg

 

予約したレンタカー会社の予約書を渡して、免許証と国際免許証を見せてお金を払えばそれで借りれます。

追加の保険をどうするかとかガソリンをどうするかと聞かれると思いますが、無視して予約書のとおりだとしておけば大丈夫でしょうw

鍵をもらって駐車場に行って、鍵を使って車を出す、それだけです。

 

カーナビも借りれますが、スマホのGoogle Mapで十分だと個人的には思います。

見にくければ次のようなスマホホルダーを買って持って行くとよいと思います。

米国でもAmazonなどで買わないと売っていないので、必要な場合は日本から持って行った方がよいと思います。

 

 

 

レンタカーの返却は、レンタカーセンター(7135 Gilespie St, Las Vegas, NV 89119)まで向かってから、「Rental Car Return」という標識に従って進めば返せるのですぐ分かると思います。

車を返した後は、同じくシャトルバスに乗って空港まで運んでもらいます。

出発時刻の3時間前までにレンタカーセンターに車を返せばまず大丈夫だと思います。シャトルバスは5分おきに出ています。