読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  ポーカーの高速道路とけものみち

     自分の大好きなポーカーに関する戦略などを紹介



このブログについて

自分の大好きなポーカー(特にTexas Hold'em(テキサスホールデム))
というゲームに何か貢献ができないかと思い、ブログを始めました。    
ポーカーに関する戦略などを紹介していきたいと思います。         

 ポーカーと人生(1)

Phil Galfondが非常にいいコラムを書いていたので訳してみました。
分量が多いのでちょっとずつ訳していきます。
教えてくれたメルビン。サンキュー!

ポーカーと人生 フィル・ガルファンド 2012年7月17日

最近気づいたのだが、私はすべての投稿を「ハイ、みんな!」で始めている。これに反抗するつもりもないが、最初のページのすべての投稿がこの言い回しと幾つかの改行で始まるのは少し変わってるかな?


ハイ、みんな!


eメールで実に多くの質問を貰っていて、本当に嬉しい。本当にできるだけ多く答えたいんだけど、回答していない場合にはどうか許して欲しい。


この投稿は、特定の質問に回答しようとするものではないが、かなり多くの質問に触発されたものだ。私が貰った質問のほとんどは、ポーカーをキャリアとして考える際に下さなければならない決断に関するもので、次のようなカテゴリに分けられる。「私は学校を卒業すべきでしょうか?」「ポーカーにもっと自分のお金をつぎ込んで本気でやるべきでしょうか?」「家族ができた今、期待値を下げてでもどの程度分散を減らすようにすべきでしょうか?」

幾分長くなってしまったので、整理して分類してみよう。


これから私は次の事項について論じたいと思う。
・幸福
・目標と価値
・意思決定プロセス
・長期対短期
・非金銭的要素
・ポーカーの将来とあなた
・私自身の経験と意見


私が聞いた話の中で、彼らの人生に大きな影響を与えるようなよくない決断をしそうだと感じる人々がいたので、私は質問を聞いてよかったと思った。私はできるだけ多くの質問に答えることにしており、ほとんどが個人的に答えているのだが、キャリアとしてのポーカーに関し、私の考えをもう少し一般的なものとして投稿したいと思ったのだ。eメールをくれた1人につき同じ状況にいる人が他にも間違いなく100人はいると思う。


自分の27年間の知恵がろくに知らない人の重要な人生の決断をする上で十分だと思うほど傲慢ではないが、皆が自分自身の状況を体系的に熟考して最善の決断ができるように助けることはできると考えている。実際、私はこの投稿がポーカーに関する主な決断だけに当てはまるものではないくらい一般的なものとしたいと考えている。


「正しいこと」と「間違ったこと」、あなたの結果


大きな決断をする際には、「正しい」答えなどないことが多いということを第一に認識するということが重要だと(私は)思う。仮にあったとしても、最終的に「正しい」ものだということが明らかになるとも限らない。私が言いたいのは、その時点で持っている情報に従って、可能な限り最善の決断を下すことだけが、「自分がそうしたい」と思えることだということだ。自分が「間違った」決断をしたと感じたとしても自分を後で責めてはならず、「間違った」決断をしたくないという恐れから決断をすることに躊躇してはならないと強く心に留めておいてほしい。


このことは、ポーカーを通じて学ぶことができる。私はどのようなチャンスにおいても自分ができる最善のプレイをするが、ときには自分のリーディングが間違っていたり、リーディングが間違っていなかったとしても相手のレンジのほんのわずかな部分と衝突してしまい私のプレイが「間違った」ものとなることもある。全く予測できないことが人生でおこるということは本当によくあることであり、全く予見できない結果について自分を責めることはできない。だからといって、そのような可能性を考慮すべきではないという訳ではない。(この点については後述。)


次に、各人の状況が異なっているということに留意することは重要だ。私やあなたの友達にとって正しい答えがあなたにとって正しい答えになるとは限らない。本当に多くの要素があるのだ・・・ポーカーのスキル、代替的なキャリアの選択肢や家計状況だけでなく、人柄、目標、願望、必要性、何が自分を幸せにするかなど。


幸福


大きな決断をする際には、私はここから考え始めることにしている。自分に問うのだ。何が自分にとって重要か?何に価値を感じるか?自分の目標は何か?


私は個人的にこのことについて何度も自己分析をしており、読者の多くと目標と価値(次の章で後述)が異なるかもしれないが、現時点で自分が得た結論を共有したい。


私は自分が望んだものを分析より深く追究して続けてきた。ポーカーで自分は成功したいのか?なぜか?競争とお金。なぜか?などなど。


私は人生で望むものは、すべてたった二つのことに集約される。


1)私は世界と自分の周りの人々に総体としてポジティブな効果を及ぼしたい。自分が向き合うすべての人に対して、親切で、公正で、敬意を持つようにしたい。自分が大切に思う人にとって、親友や愛される人でありたい。


これは私自身の個人的な目標であり、自分の主要な人生の決断をするために役に立つようなものではない。おそらく私は単にこれが含まれていると確認しただけであり、そうすることで、私にとって最も重要な次のことが批判されなくなるだろうと思ったからだ。


2)私は幸せになりたい。私がしたいことは、大きなことも小さなこともすべて自分を幸せにしてくれるからしたいと思うのだ。それほど深遠なものではないが、重要だと納得されることだろう。


このことを認識することが素晴らしいのは、ポーカーが私を幸せにしてくれるからポーカーで成功したいということを私が今分かっているということである。私はそうすることで自分が幸せになると考えているから、より多くのお金を稼ぎたいと思っている。それでなぜこれが有用なのだろうか?


これまで何度かポーカーと人生に関する決断を比較考量したこともあった。
・友人と外出すべきか、このままいい調子のゲームを続けるべきか?
・オンラインでのプレイを続けるために外国に移住すべきか?
・ストレスレベルを下げるためにレートを下げるべきか?それとも期待値を最大化して分散に付き合うべきか?


私が以前自分がしていると考えていたことは、心の幸福・満足・平穏を犠牲にして期待値(要はお金)を得ているというものであった。


今の私の考えは、私は幸福を犠牲にしているというものである。幸福だ!一旦この認識に至ったら(それは最近のことであるが)、私は日々の日常生活において、期待値を犠牲にすることでどれだけより幸福になれるかを考えるようになった。以前は私は一生懸命働かなければ「ならない」と考えており、最も幸福になることよりも収入を最大化することによって「正しい」ことをしていた。ほとんど義務とも感じられることであり、誇らしく感じられることでもあった。しかしながら、今では、ポーカーでより多くの期待値を得るために幸福を犠牲にしなければならないような決断に直面した場合には、最早無茶な比較をしたりはしない(りんごとオレンジを比較したりはしない)。りんご(幸福)かりんご(幸福)で選択する。よって、私がしたいことは何が(どのりんごが)自分をより幸福にする(りんご)か決めることだけである。


私は、多大なストレスが自分の幸福にとって最も悪いことだと最近気が付いたため、期待値を犠牲にしてでもストレスを減らすよう努力している。(いい雰囲気でプレイすることで、あとでどのようにでも期待値を取り戻すことができるだろう。)


目標と価値


幸福とはかなり一般的な目標である。すべての人が幸福になりたいと思っているだろう(そう思っていないとしたら、よほど変わった人だ)。重要なのは、どのような要素によって個人的な幸福や充足が達成されるかを決めることである。こうすることで、決断を下すことが容易になる。


私にとっては、


1)個人的な関係− 私に親しいすべての人々が、特に幸福という観点からは何よりも重要だ。私は幸福の大部分を親友や家族から得ている。


2)競争と成功― 金銭面だけでなく、他のことのためにも私は働いているし、上手くやりたいと思っている。ポーカーは、私が上手くなるために没頭し、非常に上手くできるようになったものであり、私にとって素晴らしいものだ。


3)持続性、日常生活、安全− 私は、計画されたことを好み、次善の策があることも好む。私はきわどいところを飛ぶような蠅ではない。(なぜこのことわざがこのように言われるようになったのかは完全には知らないが)


4)自由― 繰り返しになるが、金銭面だけでないが、金銭面の自由は非常に重要なものだ。義務や契約だけに埋没したくはない。自分が集中していないと感じたら、数日の休暇は取れるようになりたい。私は、そうしたいと思ったら、丸一日1人で過ごすことができるようにもなりたいと思っている。


このリストは、私の着想を最初から挙げたもので、もっとあるだろうが、私のリストはそれほど重要なものではない。これは単なる例だ。自分の決断を容易にするためには自分のリストに辿り着かなければならない。


私にとっては、ポーカーをプレイすることは非常に上手く行っている。2番目と4番目は上手く行っている。3番目も上手くやる能力があり、幸運にも(金銭面及び時間面での)自由もあるため、時間を取って自分にとって重要な人たちと旅行に行くこともできる。


4番目の事項は、私は過去にはそれほど重視していなかったもので、昔は完全にゲームの奴隷だった。いいゲームが行われているときはいつでも私はそこにいたし、他の何ものをも(睡眠も含む)犠牲にしていた。この間大金を手にしたが、もう一度そうしなければならなくなったとしても、私はもう決してできないだろう。


1番目の事項は、私がそうしたいと思っているほどは上手くできていないことだ。ブラックフライデーによって私の計画は大きく邪魔され(よく知っていることわざであるが)、私は自分ができていた最善の方法や将来こう対処できるだろうと思っていた方法で対処できなくなっているのだ。


明らかなことであるが、金銭面で成功していたという事実は、私の目標の多くに役に立っているので、これは、あなたがキャリアに関する決断を下す際にもかなりの部分を占めることとなるだろう。


その他の為すべきよいこととしては、上記リストに含まれないもの(単なる対語とならないもの)で自分を「不幸」にするもののリストを作ることだ。私なら、ストレス、睡眠不足、個人的空間や時間の欠如などを加えるだろう。繰り返しになるが、これらは単なる例示であり、自分自身のリストを作らなければならない。


さて、他にも幸福に繋がる非常に多くの小さなものがある。(読書、運動、テレビ、アイスクリーム、猫の動画などなど)これらも次のようなことをしなければならないという点で非常に重要である。

a) これらを日常的にできるだけ多くできるよう努力する

b) それを行う能力に影響を与える大きな決断があるかどうか考慮する

標準装備

(つづく)