読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  ポーカーの高速道路とけものみち

     自分の大好きなポーカーに関する戦略などを紹介



このブログについて

自分の大好きなポーカー(特にTexas Hold'em(テキサスホールデム))
というゲームに何か貢献ができないかと思い、ブログを始めました。    
ポーカーに関する戦略などを紹介していきたいと思います。         

 あなたのプレイを劇的に向上させるいくつかのアドバイス

ポーカー戦略

 AJPC参加に伴って、今回久しぶりに多くの日本人プレイヤーの方々(特に初心者の方々)とプレイさせていただきました。その中でこうやった方がいいのになあ、これはやらない方がいいのになあと思ったプレイがいくつかありましたので、まとめたいと思います。(AJPCの前に書けよという感じかもしれませんがw)
 批判・疑問大歓迎ですので、何かあればコメント欄まで。

(1)利益を最小化し損失を最大化するようなビッグベットはしない

 このようなプレイを何度も見ました。要は、自分が勝っているようなハンドにはフォールドされて、負けているハンドにしかコールされないようなベットです。

 例えば、ブラインド100-200でエフェクティブスタックが2万のときに、UTGのレイズ525に、88でオールイン2万をしたり、フロップ732でポットが3000のときに、AKでオールイン5万のベットをしたりすることです。
 最初の例では、88は、ドミネイトされるハンドは99〜AAの6種類しかないため十分に強く、フロップセットのインプライドオッズもあり十分バリューのあるハンドです。このハンドでリレイズオールインすることは、勝っているようなハンドにはやすやすとフォールドされる一方で、ドミネイトされるハンドにしか軽くコールされてしまうこととなるので、典型的なミスプレイと言えます。
 この場合、コールしてセットを引きに行くことも、合理的なサイズの3ベット(1300〜1600)をすることもできます。
 オールインするとすれば、フォールドエクイティを獲得するか、勝っている場合の利益を最大化するという理由が必要です。

  1. オールインじゃないとフォールドしてもらえないようなレンジのハンドがどれくらいあるか、
  2. 勝っている場合にコールしてもらえるようなレンジのハンドがどれくらいあるか

について考えなければなりません。いずれの場合もそのようなハンドはほとんどないことが分かるはずです。(せいぜい99〜JJでフォールドしてもらうか、AKでコールされるくらいでしょう。)

(2)フィットorフォールドしすぎ(ブラフが少なすぎ)

 プリフロップでレイズされ、マージナルなハンドでコールして、フロップでマッチすればチェックレイズ、マッチしなければフォールドというのが多く見られました。フロップでマッチするのはかなり大雑把に計算して3回に1回程度なので、マッチしたときにコール分の3倍以上の利益を上げられるようなポストフロップのスキルがなければ、コンティニュエーションベット(CB)のようなブラフに利益を奪われることになります。
 対応策としては、マージナルなハンドでのコールを避け、プリフロップでセミブラフの3ベットをしてリスチールをしたりイニシアティブを取るか、フロップでマッチしなかった場合でもブラフをするのがよいでしょう。
 現に私はAJPC序盤でほとんどフロップにマッチすることはなかったですが、100%の頻度でCBを打っており、たまにはチェックレイズされましたがそのときはさっさと降りて損失を最小化し、それ以外のときは勝つことで、小さなポットを大量に集め、ダブルアップすることなく、原点2倍くらいにチップを集めることができました。

(3)コーリングステーションへのブラフは厳禁

 ブラフは勝っているハンドをフォールドさせることによってポットを取るものです。よってマージナルなハンドでもフォールドできないコーリングステーションに対してブラフをすることは禁物です。大きなダメージを受けることになります。
 このような相手にはベストハンドができたときに大きくベットすることで利益を最大化することができます。(収奪的プレイ=exploitive play)

(4)ギャップコンセプトの理解

 ギャップコンセプトとは、レイズにコールするには自分からレイズをするよりも強いハンドを要する(コールハンドのレンジはレイズハンドのレンジよりずっと狭くすべき)という概念ですが、このレンジ差が小さすぎる人が多いです。もっと広いハンドでレイズし狭いハンドでコールしなければ、フォールドエクイティを自分のものにできないので、利益が失われることになります。

(5)スタックを意識したプレイ(特にSPR)

 スタックに応じたプレイ、スタックを意識したプレイを心がけましょう。
 自分の絶対的なスタック量を意識していない(自分が何点のチップを持っているか分からない)人は流石にいないでしょうが、相対的なスタックサイズ、すなわち何周で自然死するか(CSI)となると意識していない人も多少出てきます。ただ、ここまでは大半の人ができているでしょう。
 勝負に参加しているプレイヤーの中での最小スタックサイズである「エフェクティブスタック」については、意識していない人も多いです。セットやドローのオッズなどインプライドオッズの計算に不可欠なので、必ず意識しましょう。
 例えば、ポケットペアを持っている場合にフロップセット以上を引く可能性は11.76%(=8.5回に1回)なので、エフェクティブスタックの8.5分の1以上のベットにはコールできないこととなります。実際にはセット以上を引いた場合でも必ず相手のスタックをすべて奪う(かダブルアップできる)とは限らないので、11〜13倍のエフェクティブスタックがないと厳しいと思います。また、テーブル全員のエフェクティブスタックを常に意識している人はほとんどいないと思いますので意識するようにしましょう。

 さらに、自分のコミットプランを立てるのに必須の概念であるStack to Pot Ratio(SPR)については、やはりほとんどの人が意識していないように思いました。
 自分のスタックが4000のときに、自分から(残りスタックが1000となる)3000のベットをして、相手にオールイン要求をされてダウンすることなど全く合理化できませんが、このようなプレイを2日間で何度も見ました。ピュアブラフだからフォールドしたのかもしれませんが、それであれば、そもそもスタックの4分の3を費やしてブラフをする合理性が存在しません。
 ここまでは行かなくても、ベットをしてレイズをして、相手にオールイン要求をされて、コミットしてしまっている結果渋々コールしたり、コミットしているのにコールしなかったりする人も多かったです。
 このような状況に陥るのは、自分のスタックとポットサイズ、ベットサイズを比較して、「どれくらいの額のベットをしたら自分がコミットするか、どのくらいのレイズが相手から来れば相手がコミットすることとなるか」を常に意識していないためです。
 SPRについては、ポーカー道さんの記事を熟読して必ず理解することをお勧めします。

 これを利用して、相手にコミットを迫るブラフを行ったり、自分はコミットしないけど相手はコミットするような状況で自由に意思決定を行うことができたりします。(ラストブラフイニシアティブ
 目安としては、エフェクティブスタックの10%のベット・レイズがあった場合には、次のレイズがラストブラフとなる(エフェクティブスタックの3分の1コミット)ので、10%のレイズをする場合は要注意です。
 また、自分がラストブラフをするためには、相手のレイズがエフェクティブスタックの10%になるようにベット額を調整する(具体的にはエフェクティブスタックの3〜4%にする)ことが重要です。