読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  ポーカーの高速道路とけものみち

     自分の大好きなポーカーに関する戦略などを紹介



このブログについて

自分の大好きなポーカー(特にTexas Hold'em(テキサスホールデム))
というゲームに何か貢献ができないかと思い、ブログを始めました。    
ポーカーに関する戦略などを紹介していきたいと思います。         

 WSOP2012ルールの主な変更点

その他

 WSOPの公式サイトで、2012年WSOPのルールが公開されました。

 主な実質的変更点は次のとおりです。

 個人的に大きく変わったと思う点は、

  • 第88項(テレビテーブルにおけるアクション宣言の義務化)、
  • 第97項(チップを20の倍数枚ごとに積むことを推奨)、
  • 第104項(ハンドについて言及してもよい例を追加)

でしょうか。

 特に、他にアクションをする人がいない場合やヘッズアップの場合には、自分のハンドの内容について言及してもよくなったというのは大きな変更点だと思います。


WSOP2012ルールの主な変更点
第4節 参加者の行為と清廉性
第39項Aiv及びvにおいて、「チップダンピング」と「ソフトプレイ」の定義が追加。

第46項において、「過剰なセレブレーション」の規定が、セレブレーション(喜び祝うこと)に限定せず、ジェスチャー等によって他人を嘲ったり、他のプレイヤーを不適切な行動で攻撃することはペナルティの対象とすることとした。


第6節 ポーカールール
第58項として、トーナメントポーカーの公式用語に関する規定が追加。
第59項として、標準的でない不明確なベッティングに関する規定が追加。
第60項として、将来の条件付き行動の宣言に関する規定が追加。(TDAルールも2011年版で追加されたもの(第47項)。)
第63項において、間違って席についたプレイヤーは、正しい席にその時点持っていたスタックを持って移動することを明記。
第65項Bとして、ミックスゲームにおけるボタンの移動についての規定が追加。
第66項として、ファイナルテーブルの構成人数を明記。
第69項において、「テーブルに開かれたハンド」の定義を明確化。
第82項として、最終ベットが終わるまでは、チェックに対する順番に沿ったフォールド及び順番を外したフォールドは、いずれも拘束力のあるフォールドとなり、ペナルティの対象となる旨規定。
第88項において、ブレスレットイベントのファイナルテーブル又はフィーチャードテーブルのプレイヤーは、チェック、ベット(又は金額)、コール、レイズ、オールインと発声しなければならないこととされた。
第97項として、チップを見やすく数えやすく維持しておく旨を義務付け。(20の倍数枚ごとのスタックにすることを推奨。TDAルール2011第22項で追加されたルールと同様。)
第99項において、プロテクトされたハンドの定義を規定。
第102項において、1プレイヤー1ハンドルール(one participant to a hand rule)の定義を規定。
第104項において、1プレイヤー1ハンドルールの例外として次の2例を規定。
−他のすべての参加者が既に意思決定をし終わっている場合に自分のハンドの強さや内容を口にしてもよい。
−ヘッズアップイベントや、残り二人になった場合は、ハンドの内容を自由に話してよい。

第7節 トーナメント運営ポリシー及び手続
第118項として、紛争処理規定を追加。