読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  ポーカーの高速道路とけものみち

     自分の大好きなポーカーに関する戦略などを紹介



このブログについて

自分の大好きなポーカー(特にTexas Hold'em(テキサスホールデム))
というゲームに何か貢献ができないかと思い、ブログを始めました。    
ポーカーに関する戦略などを紹介していきたいと思います。         

第2章 ベッティングアクション(2)

ポーカー戦略

2−2 アグレッション

(1)アグレッシブプレイの利点

 アグレッシブにベットすることは、コールやチェックにはない大きな利点があります。前述のとおり、コールやチェックしかしない場合には、ポットを獲得する方法は、ショーダウンの時点でベストハンドを持っていることしかありませんが、ベットの場合には、ショーダウンの時点でベストハンドを持っていることに加え、相手がフォールドすればその場でポットを獲得できるという2つの勝ち方があるのです。
 このことから、ポーカーにおいては、コールよりもベットやレイズをすることが推奨されます。ベット・レイズには、相手をフォールドさせることでポットを獲得することができるということを数学的に推計する考え方として「Fold Equity」という考え方があります。

(2)Fold Equity

 勝負に参加しているプレイヤーにはそれぞれポットについて正当な取り分というものが存在します。例えば、参加しているプレイヤーがそれぞれAKと99を持っている場合、AKのプレイヤーには40数%の勝率があり、99のプレイヤーには50数%の勝率があります。したがってこの時点での両者の「取り分」は、(ポット×勝率)で表すことができ、この取り分のことを「Equity」(Pot Equity)といいます。
 Pot Equityは、勝負に参加している限りにおいて各プレイヤーに保持され、ショーダウンの時点では、引き分けとならない限り、100% v. 0%となりますので、その割合に応じてポットが配分されることになります。
 ところで、勝負の途中でフォールドしてしまったプレイヤーのEquityはどうなるでしょうか。先ほどの例でいえば、ポットに参加している場合には、プリフロップの段階で99のプレイヤーには50数%のEquityがあります。しかしながら、AKのプレイヤーが99のプレイヤーのレイズに対してリレイズオールインをして99のプレイヤーがフォールドしてしまった場合には、この50数%のEquityは失われ、逆にAKのプレイヤーのEquityとなってしまいます。このようにプレイヤーがフォールドすることで移転するEquityのことを「Fold Equity」といいます。
 前述のとおり、相手の方が強いハンドを持っているときにフォールドさせるということは、ベットをする主要な理由のひとつです。この場合に得られるFold Equityは、Pot Equityやまたベストハンドを持っている場合のFold Equityと比べても相当大きなものとなります。配られるハンドをただ漫然とプレイするだけでは、勝つことよりも負けることの方が多くなります。相手の方がいいハンドを持っているにもかかわらずアグレッシブなベットによって、相手を屈服させフォールドさせることができたなら、本来マイナスであったEquityをプラスのEquityに転換させることが可能となるのです。Lee Nelsonは、Fold Equityを自分のものにすることがノーリミットホールデムトーナメントにおいて不可欠だとします。アグレッシブなプレイヤーがトーナメントで勝つことが多い理由の一つは、コンスタントにFold Equityを活用していることにあるとしています*1
 一般的に、ベットの額やレイズの額が大きい場合の方がポットが大きくなりEquityも大きくなるため、Fold Equityも大きくなります。また、相手の残りチップが少なくなれば少なくなるほど、相手がコミットしておりフォールドする可能性が低くなるため、Fold Equityは小さくなる傾向にあります。

(3)Fear Equity

 アグレッシブにプレイすることの利点として、コールでは得られないFold Equityが得られるだけでなく、「Fear Equity」と呼ばれるEquityも得られることが挙げられます。「Fear Equity」とは、アグレッシブにレイズやリレイズやときには序盤であってもオールインをしてくるようなプレイヤーに対しては、普通のプレイヤーは恐れを抱き、相手にするのを避けようとするのが一般的です。自分が参加している勝負に、ベストハンドを持っている相手が参加しなくなったり、本来ベットすべき状況でベットしなくなることによって得られるEquityがFear Equityです。Fear Equityはテーブルイメージと呼ばれる用語とほぼ同義ですが、Fold Equityと同様、常に自分の側で確保しておくことが重要とされます。
 Fear Equityを効果的に使うことで、テーブルをコントロールすることができます。テーブルコントロールによって多くのチップが集まれば集まるほど、その集まったチップがより強い武器となりFear Equityもより大きなものになるのです。

*1:Lee Nelson et al., Kill Everyone: Advanced Strategies for No-limit Hold 'em Poker Tournaments and Sit-n-go's, Huntington Press, p22 (2009).