ポーカーの高速道路とけものみち

     自分の大好きなポーカーに関する戦略などを紹介



このブログについて

自分の大好きなポーカー(特にTexas Hold'em(テキサスホールデム))
というゲームに何か貢献ができないかと思い、ブログを始めました。    
ポーカーに関する戦略などを紹介していきたいと思います。         

 ストラドル杯

 今日は上野のストラドル杯。JPLリニューアルオープン記念3DaysトーナメントDay1Aにも行きたかったのですが、こちらはDay1Bに出ることにして、スト杯を優先。

 テーブルは、どさけんさん、ささやまさん、BD、Yuitsさん、私、ディーラーハルヒ、後はバケという感じ。
 
 とにかく手がこないが2.5BBレイズ。昨日に続きフロップに全然マッチしない。そのうちにボタンでKK。2.5BBレイズにBDコールでヘッズ。フロップJ83で、チェックにベット300で、BDにレイズ600される。ストレートはないけど、セットかツーペアっぽいので、序盤から不利な状況で打ち合ってもしょうがないのでKK見せてダウン。Jのツーペアだったみたい。


 その後もとにかく中途半端。T6sで入ってターン・リバーで6のスリーカードになるもA6がいて負けとか、同じくストレートもフラッシュもあるボードでターン・リバーで意味なくスリーカードになってコールできずダウンとか。2ラウンド目終わるころにはもう3500。

 そのあとも、まーーーーーたく1度もまともにポットがとれず、気がつけば残り1000点。相手のハンドが読めても自分のハンドも悪いので何もできない。絶対Aハイでベットしてるよ、と思っても自分が8ハイだったりw
 極めつけは、ミドルでAd3dのとき。プリフロで2.5BBレイズ。レイトのイレブンさんとUTGからコールしてたBDがコール。フロップ2J8で2枚クラブ、1枚ダイヤ。チェック周り。ターン9dでBDのベット250にコールでヘッズ。リバーは8d。フラッシュ引けたけど、ペアったよ。BDベット500。残りチップ900でレイズオールインするか悩んだが、UTGでリンプしてること、レイズにコールしてること、9で打ち始めていることから、本線9セット、次点フロップセット(フロップでスト&フラドロがありえるからフロップのチェックは危険なので)、大穴ストレートと読んでコール。ターンがスト目を作る手でなければフル以外ありえないのでダウンしてましたが、結局2のセットでした。残り400点で瀕死。ブラインドは200-400。

 その後AKでリンプしてフロップ865で打たれてダウン。最後はA8sでオールインして、フロップツーペアも、4枚クラブが出て、結局99cのハルヒくんに飛ばされて終了。何と3飛び・・・・一度もポット取れず・・・・


 いつもどおりWPJミニトーに参加。ホールデムは3位で2点獲得。LimitオマハHi-Lowは2位で何点か獲得してると、後ろでBDが「AかQ!!!!」と叫んでる。そういえば、まだBD飛んでなかったんだ、と見にいくと。2、3人しかテーブルにいない。「これってヘッズ?」と聞くと「何言ってんだよ」とのこと。どうやらどさけんさんのTTとBDのAQがプリフロオールインになってリバーでAがヒットしてBDが勝ったらしい。チップを合わせると、ぎりぎりBDの方が多かったみたい。あれ?BD優勝??!!ということで、序盤から好調だったBDがスト杯初優勝してました。おめでとう。