ポーカーの高速道路とけものみち

     自分の大好きなポーカーに関する戦略などを紹介



このブログについて

自分の大好きなポーカー(特にTexas Hold'em(テキサスホールデム))
というゲームに何か貢献ができないかと思い、ブログを始めました。    
ポーカーに関する戦略などを紹介していきたいと思います。         

トーナメントでやってはならない5つのこと

 
 トーナメントで勝利するためには、多くのチップを集めなければなりませんが、もっと重要なことは、五分五分の勝負をするのは可能な限り少ないチップでしなければならないということです。次の5つの事項は、あまりにも多くのチップを失くさないようにするヒントになるでしょう。

1 コンティニュエーションベットは連発したり、フロップ後に多くベットしない。

 トーナメントは、何百もの勝負で成り立っています。これらの勝負の間、何度かコンティニュエーションベット(CB)をするでしょう。しかしながら、ほとんどの場合、フロップでは何も得られず、フォールドせざるを得なくなります。
 これがa)常にはCBをしない、b)あまりに大きいCBをしないことが賢明である理由です。
 相手がフォールドすることが分かっているときか、非常にいいドローとなっているときだけ、CBをするようにしましょう。これらのチップをなくしてしまった場合、CBで失ってしまった額のチップがそのままあるときと比べて大きな差が出てきます。これだけでもスタックの相当量を占めることになります。

 もう一つの重要な点は、CBの大きさです。ポットの3分の2やポットサイズのベットをしているプレイヤーもよくいますが、これは深刻な間違いです。この場合、長期的に見て、チップが減っていくだけだからです。ベットはより小さくして、勝つ場合もより小さなポットを取るようにして利益を上げるようにしましょう。例えば、ポットの半分しかベットしなかった場合、CBは3回のうち1回勝てば収支が均衡することになります。

 あなたのハンドがAhKhで、フロップが7h2hJdで相手が一人だった場合、非常にいいフロップです。まだ役はできていませんが、CBをしても問題ないような強いドローができています。コールされたとしてもポットをとれるチャンスがまだあるのです。

 また、ハンドがKhQcでフロップがAs8s8cで、相手が3人いる場合は、ここでCBをするのは、間違いです。第一に相手が3人残っているので、Aやポケットペアを持っている可能性が高くなります。3人すべてがフォールドする可能性は非常に低く、したがって、多くのチップを賭ける必要が出てきます。

2 プレミアムハンドでオーバープレイしない

 レイトポジションでAhKdだったとして、ミドルポジションのビッグスタックが4BBのレイズをしてきました。少し考えてリレイズオールインすることにします。ミドルポジションは、QcQhでコールしますが、あなたが「ナイスハンド」という頃にはすでにトーナメント敗退が決まっています。
 このシナリオは、いつでも起こりうることですが、特にトーナメントの序盤で起こりがちです。うまいプレイヤーであれば、Aハイでオールインする前にフロップを見ようと思うでしょう。
 このようなハンドでは、オールインするのではなく、コールかせいぜいリレイズするのが合理的です。相手が$100のレイズをしてきたのであれば、$400くらいにリレイズしましょう。多分、相手はフォールドしてその場でポットがとれるでしょうし、そうでなくても、フロップを見て何もヒットしなければフォールドすることもできます。少なくとも、その勝負が終わったあとも、トーナメントに残っていることはできるはずです。

 同じことがJcJdのようなハンドにも言えます。このハンドでレイズオールインするプレイヤーもいるでしょうが、フロップで勝っていることは稀です。結局は、より強いポケットペアにコールされるか、五分五分のハンドにコールされることがほとんどです。フロップを見てオーバーカードがないことを確認してからベットしましょう。これがポーカーです。むやみにオールインするのはロシアンルーレットと何ら変わりありません。

3 ブラインドが高くなったら「コールハンド」を変える

 トーナメントの初めでは、6c7cのようなハンドで$80のベットにコールして、フロップでモンスターヒットできるかもしれませんが、ブラインドが400-800にまで上がっていると、このようなプレイはずいぶんと高くつくことになります。
 同じことが4c4dのようなスモールペアにも言えます。フロップでセットを作りたいでしょうが、8回に1回くらいしか起こりません。$2400のレイズに8回コールしても1回しかセットを引けないため、$16800のチップを7ハンドで失うことになります。フロップでセットが引けた場合少なくとも$16900は勝てないと割に合わないこととなります。$16800持って置いたままの方がよくありませんか?

4 ブラインドはスチールする

 トーナメントが進むにつれて、よりアグレッシブなプレイが求められます。タイトにプレイするのは、最初の数レベルではいい戦略ですが、M値が低くなったらすぐにレイトポジションからより多く参加する必要が出てきます。
 ハンドがKsTdでポジションがカットオフのとき、ブラインドが300-600、チップ量が10000だったとします。自分の前の皆がダウンした場合、このハンドはそれほどスバラsくありませんが、まったく役にも立たないハンドではないので、ブラインドスチールにチャレンジすべきです。$1500までレイズしてやりましょう。もしボタンがフォールドしてBBがコールしたとしても、あなたは少なくとも相手よりはいいポジションにいますし、フロップを逃してもチェック以外のことができます。単純なCBで勝つこともできますし、その場合$1800獲得です。
 仮にプレミアムハンドを待ってスチールをしない場合、一周で$900なくなってしまいます。これではスタックにいいとは言えません。

5 オッズが合わないのにドローを追うな

 これは本当によくある問題です。フロップでナッツフラッシュドローになったらフラッシュを追うために本当に多額のベットでもコールするというプレイヤーもいます。ナッツフラッシュドローはナッツとみなせるので、オールインしても問題ないという人もいます。

ハンドがAhJhで、フロップが5h9hQdだった場合、あなたのスタックが$11000で、ポットが$2500だったとします。$5000のチップを持っている相手が$1900ベットしてきました。コールすべきでしょうか。ここでは適正なポットオッズがないのでコールすべきではありません。
 35%の確率でフラッシュを引ける可能性がありますが、コールするにはポットの43%を賭けなければなりません。さらに、相手はポットコミッティッドなのでターンでオールインするのは決まっています。相手の$5000は、あなたに致命傷を負わせるには十分なチップ量ですが、インプライドオッズの観点からもコールを正当化するには十分な量ではありません。
 フォールドしてより良いチャンスを待ちましょう。このようなコールの結果あなたはすぐにショートスタックの仲間入りをしてしまうのです。

結論

 このコラムの目的は、あなたのトーナメントライフを延命させるいくつかのヒントを与えることです。もちろん、リスクを冒す必要はありますが、そのような状況はできるだけ少ないものとすべきで、一義的にコールすべきでないような状況でスタックを賭けることはやめるべきです。すべてのジャンケンに勝つことはできないので、プレイするのはできるだけ少なくするのがよいのです。