ポーカーの高速道路とけものみち

     自分の大好きなポーカーに関する戦略などを紹介



このブログについて

自分の大好きなポーカー(特にTexas Hold'em(テキサスホールデム))
というゲームに何か貢献ができないかと思い、ブログを始めました。    
ポーカーに関する戦略などを紹介していきたいと思います。         

 WSOPサテライト

 今週末はポーカー三昧でした。今週末で春の大感謝祭が終わるとあって、済州島のかかった土曜日のJPLデイリートーナメント、ストラドル杯いずれもこれまでにないほどの大盛況&緊迫した雰囲気。あっさり飛んだWPJ準決勝と合わせて3つとも特に見せ場もなく終了。その後JPL仲間と反省会・慰め会・決起集会へ。

 日曜は、ここ半年最大のイベントといってもいいWSOPサテライト。シーズン1終わりから3月末までの3位以内入賞者が6月からのWSOP$1500イベント出場権+航空券&ホテル代をかけて戦います。私は8回入賞(1位4回、2位3回、3位1回)でチップ量10位1万点の位置からスタート。トップのwingさんでも16000点しかないのでいつものサテライトやヒートと比べてもまったく問題なく戦えるチップ量です。

 テーブルは粗末な7番テーブルスタート。皆5000点以下のショートスタックですが、右隣のジャッジ金子さんだけが11000点持っています。昨日の飲み会でも一緒だったジャッジサポ娘さんにブラインド同士の争いになったら必ずレイズするからと脅すも、誰かがリンプしたりとそういうチャンスは訪れませんでした。


 序盤は手が中途半端によかったせいで最初の2ラウンド2回しかプリフロップでフォールドしないという状況。AK×2、AQ、AJ、KQs、KJ、ローペア、スーティッドコネクターという感じで、AXはスチールで終わり、KQsのKヒットでAKとぶつかりチップを減らすという所謂半ヅキでチップを7800にまで減らします。そのうちに邪魔者(笑)だったジャッジ金子さんがテーブル移動で、ラッキーと思っていると、後から来たのはスタートチップリのwingさん(笑)。さっそくKK、そのあとAAでTTを飛ばして2万点越えとかしています。そんな中最初の一手。


 UTGが3BBほどレイズ。2人コール(笑)で私はボタン。ハンドを見るとJJ。一番チップが多いプレイヤーでも4000点程度だったので、ヘッズアップに持ち込むため7800点でオールイン。オリジナルレイザーコール(想定の範囲内)。さあ、他の2人も降りて頂戴よと思ってたらなんと2人ともコール(笑)ガーーーン、負けた。。。AKQをそれぞれ持っているに違いないし、フラッシュ、セットなんでもありうるしなーと思っていると3人の手は、A8s、KQs、55。予想通りスリーオーバーかーーーと思ってがっくり来たが、何も当たらず、なんと3人飛ばしで+12000。持ちチップは2万点近くになります。ナイスディーラー(Spikeさん)ということでコーラを奢ります。そんな訳でテーブルブレイク。これでチップ量にものを言わせて暴れられると思ったらwingさんも同じテーブルに(笑)しかも2つ左になってるのでポジションも悪くなってる。で普通にプレイしていて3万点くらいに伸ばしたところでまたまたテーブルブレイク。


 ようやく自分がテーブルチップリになれるテーブルに。同じテーブルに昨日飲んだりょうとくさん、gontaさん、とよまるさんがいて笑いました。座っていきなりビッグゲームが始まっていて(プリフロ失念)。りょうとくさんがボタンでStandaloneさんとHさんと3人リンプイン。ボードはQJX9Tとなっていてスト目アリアリです。チェックでこれまですべて回っていたところ、Standさんチェック、Hさんベット1000。りょうとくさん悩みつつレイズ5000。Hさんへのほぼオールイン要求。当然Kあるんだよなーツーペアとか下ストとか止めてよーと思いつつ、Sさんも悩みつつフォールド。Hさんコール。
 HさんはKKでKハイストレート、りょうとくさんはAKでAハイストレート。おみごと。SさんもKを持っていたそうでナイスプレイ。コールしていればSさんもコールしていたでしょうが、Sさんをフォールドさせていたからこそ、AKにしか負けないHさんは悪くてもチョップと思って5倍レイズをコールしたわけで、あそこはオールイン要求でもアリでしょう。プリフロボタンでAKならレイズしないわけはないと普通は思うというのもいい方向に作用しましたね。(スト目ありありでKKでスロープレイもびっくりしましたが、モンスターハンドではガッチリ稼ぎたいというのもあるでしょう。)


 そのあと、私にとってメモリアルな一手が。ブラインドは600-1200。私BB。ボタンまで全員ダウンでSBのとよまるさん。5500点のオールイン。あー、俺のブラインドでオールインかーとも思いつつ、無理することはないと思って自分の手を見たところ、


1枚目A。合格。


2枚目A。合格。。。。。


AAキターーーーーーーーーーーー!!!!!


というわけで「申し訳ない」と言いつつあっさりコール。とよまるさんはA♠3♠でドミってる。この時点で私の勝率86.84%。


なのに。。。。


スペード3枚落ちるんだもんな〜〜(涙)


 ディーラーのHaruhiさんには、「君にはコーラはあげられないな」といいます。で、-5500で20000ちょっとにまで落ち込んだところで次のハンド。ブラインドが1000-2000に上がってます。みんなフォールドしていたところカットオフのStandaloneさんがミニマムレイズ4000。ボタン・SBダウン、ヘッズアップで私のハンドはQJo。ミニマムレイズなら行くでしょう。Aが出なくてQJのどちらかがヒットすれば確認ベットだな、と思っていたところ。フロップは、8♦9♠T♥。ああ、何も当たらなかったかと思ったら、

フロップナッツストレートキターーーーーーー!!!

しかもフラ目もない。もちろんチェック。するとStandaloneさんオールイン。もちろん瞬間的にコール。何とStandaloneさんは、AAでした。もちろんランナーランナーでフルハウスができるわけもなくそのまま終了。シドニーサテ2位、APPT開幕戦サテファイナリストの実力者をラッキーチェックレイズ飛ばしてしまいました。


 全くこのディーラーは2手連続でなんてことするんだ、と言って、もちろんコーラをご馳走します(笑)


 そんな感じで30000点強になったところで、テーブルブレイク。今度は1番テーブルです。1番テーブルには、またまたwingさんがいます。座った直後にhatterさんのオールインを受けて-15000くらいになって1万点くらいにまで減ってました。私はwingさんのチップを食って30000点強になったhatterさんの左隣になります。私の左のEricは、3000点で瀕死です。そんな感じで、ブラインド1500-3000。私がSB、EricがBBでジャストオールインのとき。カットオフまで全員ダウン。ああ俺がany handでコールしてEricを飛ばさないと行けないのかと思ったところ、ボタンのhatterさん35000点くらいでオールインちょwwwwwwwwwwおまwwwwwwwww的なリアクションでハンドを見たところ。


QQキターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!


普通ならもっと考えるのかもしれませんが、即コール!
hatterさんはA2oでした。ボードでAも落ちずにそのままダブルアップ!!!!一気に60000点強にまでチップを増やします。hatterさんは4500点で瀕死。Ericはいつの間にかいなくなってました。ディーラーのやなちゃんにもコーラを奢ると言います。ビールがいいというので、ビールはもうちょっとがんばらないと、と言います。


 その後武田さんを飛ばしたり、BBでテーブルに移ってきたばかりのgontaさんのワンビッグを奪おうとしてA8でスチールを試みるもAJであっさりオールインリレイズされて罰を与えられそうになるところ、ボードが222QXのチョップで難を逃れたりして、大人しくしていると。隣のテーブルで3人飛ばしが出たりして2テーブルになります。3人飛ばした直後の石井カイジが70000点くらいのチップを持って登場。


 2テーブル時点で私と石井さんのチップだけが突出して多く、あとは1万〜2万。1万以下も多いです。既にhatterさんは4者オールインでクワドプルアップなどして復活してます。みんなタイトになる中、hatterさんかそのまた右隣の人のどちらかがオールインしてブラインドを削るというような流れが続き、なんとも膠着状態になるなか、私のチップも60000弱にまで減ってしまいます。ブラインドが4000−8000でUTGのときに、ハンドは66。SBの人は残り20000ちょっとだったので、彼だけを狙いヘッズアップに持ち込みつつ、石井さんにコールされないようにちょっと多めのレイズ25000。ところがミドルポジションの石井氏コール。ちょwwwwww、空気嫁よwwwwwwwwwwこの2周全くリンプしていないのに、25000点をコールできるとは超不気味です。当然SB・BBもダウンでヘッズアップ。セットにならないかハイカードが落ちれば即ダウンのつもりでフロップへ。


 フロップは、A84のレインボー。あーあ、Aでちゃったよ。本線のAXがヒットかー。とベットされたら降りるつもりでチェック。すると石井氏もチェック。なんだA持ってないのか、と思いつつターンはT。確認ベットというよりは降りてくれベットで12000。石井氏コール。ちょwwwwww何でコーれるの????wwwwwwレイズしてよせめて。リバーも4で。4ヒットを追ってきた可能性もあるので当然チェック。石井氏もチェックでショーダウン。石井さんのハンドは、KToでTヒットでした。。。。。。。。。


 KToでスタックの30%レイズにコールかよ、、、、、と思いましたが、勝てば官軍。このときに石井さんの優勝を確信しました。だって一人だけ10万点越えてるんですもんwwww


 その後ブラインドが通り過ぎて-12000で超瀕死。残り1万ちょっとです。で結局UTGの一つとなりでA♥8♥でオールインしたところ、BBだけコール。


 BBはA7で、やった一目勝ち!!!!と油断したところに7が落ちたのではなく8が落ちたものの、864Xで、もちろんリバーは5で1枚ストレート完成、、、、、、こうして私のWSOPサテは10位ファイナルテーブルバブルに終わりました。このあと結局優勝したのは石井さん。おめでとうございます。WSOPでも頑張ってきてください。それにしても。。。。

 あーーーーーくやしいよーーーーーーーーーーーー(T−T)


 そのあと、JPLの皆さん+上野の猛獣軍団と合流して反省会・ちくしょう会・見事済州島出場権を獲得されたhayatoさん(おめでとうございます)の祝勝会。Buddhaさんが近年ないくらいに悔しい、涙目と言ってましたが、実は俺もWSOPは6万点になったときに絶対に行けると思っていたので、超涙目でした。。。あのまま帰っていたら多分泣いていたでしょう(笑)いやーノーリバイトーナメントでここまでツくのは当分ないだろうなあ〜〜〜(遠い目)wingさんもこの日3つトーナメントに出て、3位まで出場権の出るレジェンドオブポーカー@JPLfor済州島で4位のバブル、WSOPサテで3位のセミバブル、最後のリバイキングトーナメントでも2位でバブルとバブリまくってて強いのか弱いのかよく分からない感じになってしまい荒れていましたw*1


 66でのロングスチールがミスだったかどうか、チップリとぶつかった時点で25000点はあっさり諦めて初志貫徹で12000点の追加出資をすべきじゃなかったか、今でもどっちがよかったのかは分かりません。(もちろんやらない方がよかったに決まってますが、結果的に。)


 次またがんばります。まずは済州島トーナメントタイトル奪取に向けてがんばります。1位になったら次のビッグな大会の賞品としてブレスレットを用意します。


<追記>

 そういえば、最後のデイリートーナメントで私が優勝した新宿で2位だったminさんが優勝されていました。おめでとうございます。3位のcherryさんも女性1位枠で済州島なので、あの日は1位から3位まで出場できますね。あれ、私が辞退すれば行けるのは4位のりょうとくさんなのかな??それとも女性2位枠の繰り上げでRaricさんなのかな??
 いや辞退は絶対にしませんので明日から3回あるオンライントーナメントを勝ち抜いてください!!!>りょうとくさん

*1:もちろんうまいんですが。