ポーカーの高速道路とけものみち

     自分の大好きなポーカーに関する戦略などを紹介



このブログについて

自分の大好きなポーカー(特にTexas Hold'em(テキサスホールデム))
というゲームに何か貢献ができないかと思い、ブログを始めました。    
ポーカーに関する戦略などを紹介していきたいと思います。         

 JJとエリック

 今日は一週間ぶりにJPLに行きました。大好きな六本木alifeだったので。ここのカルボナーラが美味いんだ。箸でカルボナーラを食べながらプレイしていると、初っ端からAKやAXsでフロップナッツフラッシュドローや、AQでQヒットや、5ポケだ4ポケでセットだと手もフロップもいいんだけど、リバーまでいくとまくられるという正しく半ヅキ状態で過去最高記録タイの13リバイ。しかもリバイラウンド終了時飛んでるから、前回砂漠の薔薇での13りバイとは訳が違う。
 そんな中3ラウンドか4ラウンドくらいにボスが見たことのある外人2人を引き連れて登場。1人目は何度かJPLに来たという噂は聞いたことがあったJohn Juanda。おー生JJだー初めて見たぜー、と感動しつつもう1人の外人を見てみると、あれ?こっちも見たことがあるな??と一瞬止まって気づきました。エリックだよエリック。エリックといってもJPL常連のエリックではなく、Eric Lindgrenだよ。すげーWPTのDVD持ってるよ、こんな大物がJPLに来るんだーボス(ぶる〜さん)すげーと感動してるのは、テーブルでディーラーも含め私1人www周りに説明しますがふーーん、それでという感じ。
 3テーブルでプレイしていたところ、エリックは向こうのテーブル、JJが私のテーブルに来ました。最初はいいところなく3りバイくらいしてたのですが、SBの2・4オールインでフルハウスを引いてトリプルアップ、フロップストレートで更に倍くらいになってリバイラウンド終了してました、流石プロ。
 で、今日の一手。といっても、ほぼ自然死なんですが、1000−2000ブラインドで私BB。持ち点はBBを除いてもうあと1200点。ミドルポジションのJJまで全員ダウンでJJは2400点にレイズ。SBを含めみんな降りたので、ヘッズアップ。私のハンドはK5。ヘッズアップではAXやKX以外なら十分戦えるのでほぼノータイムオールイン。JJはJTo。ほら現状勝ってるwと思ったがフロップであっさりJが落ちて20位くらいで終了。54%:46%だからまあこんなもんでしょう。
 その後は、私より先に飛んでたwEricとライブゲームを楽しみました。昨日50万ドルのオンライントーナメントで勝ったと言ってました。すげーそんな奴がこんなところで遊びで一般人、それも役表を見ながらやってるような超初心者とポーカーやってるなんて、超いい奴です。握手だけじゃなくて写真撮ってもらえばよかったです。今度WSOPとかAPPTで会ったら覚えてるか?と言ってみます。