ポーカーの高速道路とけものみち

     自分の大好きなポーカーに関する戦略などを紹介



このブログについて

自分の大好きなポーカー(特にTexas Hold'em(テキサスホールデム))
というゲームに何か貢献ができないかと思い、ブログを始めました。    
ポーカーに関する戦略などを紹介していきたいと思います。         

ブログの開設に当たって

 自分の大好きなポーカー(特にTexas Hold'em(テキサスホールデム))というゲームに何か貢献ができないか、と思い、ブログを始めました。

 テキサスホールデムは、日本ではそれほどでもありませんが、欧米ではここ数年すさまじい勢いで流行っています。例えば、米国のTVチャンネルでは、ポーカーのトーナメントゲームが毎日のように放送され、高視聴率を獲得しています。このブームの一因となったのが、ポーカー世界選手権(WSOP:World Series of Poker)、ワールドポーカーツアー(WPT)のような賞金総額の多いトーナメントの存在です。特に、参加費1万ドルで誰でも参加できるWSOPのメインイベントは、その優勝賞金は約10億円!!これは、すべてのスポーツ・競技のなかで、アマチュアの個人が獲得できる賞金の中では最も賞金額の大きい大会となっています。しかも、2003年、2004年、2006年、2007年の優勝者は、アマチュアのポーカープレイヤーでした。ヨーロッパでもヨーロピアンポーカーツアー(EPT)など大きな大会が開催され、アジア太平洋地域では昨年からマニラ、ソウル、マカオ、シドニー等の都市でアジアパシフィックポーカーツアー(APPT)が開催され、ポーカーブームは、世界中に広がりつつあります。

 このような状況を受け、日本でも老舗の日本ポーカープレイヤーズ協会(JPPA)主催のポーカートーナメントや、昨年3月発足のジャパンポーカーリーグ(JPL)]*1アキバギルドポーカー事業者協会ミリオンフェスタなど、毎日テキサスホールデムを楽しめる場も増えてきました。

 この日本でのポーカー人気の拡大は、ポーカー自体の面白さもさることながら、スタッフの皆さんの初心者にも懇切丁寧に接するホスピタリティに負うところが大だと考えています。各社のウェブサイトを見ればルールが丁寧に説明されていますし、飛び込みで参加しても本当に丁寧に説明にしてもらえます。

 ところが、テキサスホールデムは、ルールが単純でラッキーで勝てることも多いので初心者でも取っ付きやすい一方、ベッティング戦略など極めて複雑かつ奥深い部分もあり、それが魅力になっているのですが、初心者向けの基本的なルール説明を越えた情報については必ずしも豊富であるとは言えません。英語では入門書や中級者向けのポーカー本などもあるのですが、日本人のプレイヤーはOn the Job Trainingに頼らざるを得ないのが現状ではないかと考えています。

 そこで、自分が初心者ではないなどとおこがましいことは言いませんが、3年半程度ポーカーをプレイして得た経験や自分の読んだポーカー本から学んだ知識をこのブログで紹介したいと思います。自分もポーカーの高速道路の礎となり、いつの日か日本のAnnete Obrestadが誕生することを期待して。

*1:すでに閉鎖