ポーカーの高速道路とけものみち

     自分の大好きなポーカーに関する戦略などを紹介



このブログについて

自分の大好きなポーカー(特にTexas Hold'em(テキサスホールデム))
というゲームに何か貢献ができないかと思い、ブログを始めました。    
ポーカーに関する戦略などを紹介していきたいと思います。         

ペアボードでのミニマムレイズ

Twitter上で、フロップペアボードでポケットペアを持っていたときのミニマム(チェック)レイズがスタンダードなプレイなのか、勝っているハンドには降りられて負けてるハンドにはコールされるから良くないのではないかという議論があったので、PioSOLVERSnowieのシナリオ機能を使って調べてみました。

 

(1)PioSOLVER

f:id:shimadajp:20170629071330p:plain

 

エフェクティブスタック100bb、1-2で、ボタンがレイズ4.5でBBコール。

BBは100%チェックで、ボタンはハーフポットのCB(5)

で、BB側の均衡戦略が上の図です。

 

フォールドが50.11%ですが、コールは21.25%で残りの28.64%がレイズで、レイズの割合がかなり大きくなっています。

レイズの額も25%ポット(ミニマムレイズ)が23.82%で圧倒的です。

 

Qヒットや4セットのバリューはもちろん、単なる4ヒット、Aハイ、Kハイ、ペアなどかなりのハンドがレイズに回ってます。

 

それで今度はボタン側を見てみると、↓のとおりです。

f:id:shimadajp:20170629072847p:plain

2オーバーも降ろせるからミニマムレイズでよいのかと思いきや、フォールドは25.93%だけであまり降ろせません。1オーバーはフォールドですが、2オーバーでもコールしないとフォールドし過ぎになる模様です。

 

さらに、ペア等でのライトミニレイズへの対抗戦略としてCBを小さく打つ(25%ポットなど)のはどうかと言う議論もありましたので、調べてみました。

 

f:id:shimadajp:20170629073316p:plain

当たり前ですが、フォールドが半分減って、コールが半分増えています。

レイズの割合は25.48%と微減ですが、レイズ額は4.5倍レイズが主流になっています(ハーフポット打たれたときのミニレイズと同じ額)。

 

で、4.5倍打たれたときのボタン側の戦略は次のとおり。

f:id:shimadajp:20170629074217p:plain

フォールドは31.84%で増えてますねw

きっちり打ち返されたらよりフォールドしないといけないようです。

 

因みに3倍レイズが返ってきたときは、フォールドは17.86%に減っていて、よりコールが適切になります。

 

(2)Snowieのシナリオ機能

f:id:shimadajp:20170629074445j:plain

Snowieのシナリオ機能でも調べてみました。

ハーフポットのCBを打たれたときにBBで99-55のポケットペアを持っているときは、やはりミニレイズ(25%ポット)が圧倒的に主流(90%)でPioSOLVERと結果は変わりませんでした。

33、22はコールが主流、4ヒットもコールが主流です。

 

でミニレイズをされた場合のボタンのアクションですが、次のとおりでした。

 

・AA-44

・AK-A5

・KJ-K9

・Qトリップス

・4ヒット

は100%コール。

 

33は84%コール、16%レイズ(25%ポット)

22は82%コール、18%レイズ(同上)

なお、スーツはバックフラドロのブロックがあろうがなかろうが関係ありませんでした。

 

ペア、Aハイ、バックドアストドロ&オーバーカードはコールということなんでしょう。

4ヒットに対しての2オーバーなどはフォールドでした。

 

次に、25%ポットのCBを打った場合を見てみると、レイズについては25%ポットが正解ですが、例えば、66などでは、コールが17%とコールの比重も大きくなります

 

25%ポットのチェックレイズを打れた場合のボタンのアクションは、

・AA-44は100%コール。

・33は90%コール、10%レイズ(25%ポット)

・22は85%コール、15%レイズ(同上)

・AXは、AKは74%コール、AJは83%コール、ATは88%コール、、、A7は82%コールというようにコール主流でレイズも含む。

・4ヒットは、A-Tは95%レイズ、9-5は90%レイズでレイズが主流、3-2は23%レイズでコールが主流。

・KXは、KJ-K9はレイズが90%以上、K8-K5はフォールドが95%でレイズが5%。

・Qヒットは100%コール。

という結果でした。

小さなCBにミニレイズを返された場合には、コールが増えるよりも更にブラフレイズをする余地が増えるというところでしょうか。

 

こんなこともPioSOLVERとSnowieでできます。

 

 

【あと1週間】 いまさらPokerSnowie ~7月8日まで20%割引!

 

www.pokersnowie.com

 

はじめに

2017年6月1日に出たばかりのMatthew Jandaの新刊「No-Limit Hold 'em For Advanced Players」は、

この5年間のポーカートレーニング業界における最大の進歩として、高機能なソフトウェアの発展、特に「人口知能(AI)」「最適解分析ツール(Solver)」の2つが挙げられるとし、

前者の代表例が「PokerSnowie」(ポーカースノーウィ)、後者の代表例が「PioSOLVER」(ピオソルバー)と紹介していました。

ポーカースノーウィピオソルバーは、私も(遅まきながら)ここ数ヶ月使い始めたソフトで、非常に興味深く読みました。

 

インターネットをポーカートレーニングの「高速道路」に例えた当ブログがスタートして、10年が経ちますが、その後、ハンド解析ソフト(ホールデムマネージャー等)など色々なツールが現れましたが、新しい「高速道路」と呼べるツールが出現したと言えるのかもしれません。

 

AIとソルバー

続きを読む

PokerSnowie Pro、6月24日(土)午前6時59分まで40%割引!

f:id:shimadajp:20170623045626j:plain

PokerSnowie Proが日本時間6月24日(土)午前6時59分(欧州中央時間23日午後11時59分)まで、40%割引の137.97ドルになっています!

当ブログのリンクから申し込まれた方(あと数人)は、ステーキング特典の対象にもなりますので、実質半額となります。

購入をご検討中の方は、この機会をお見逃しなく!

 

www.pokersnowie.com

 

shimapo.hatenablog.com

Snowieな日々(2)

こちらの記事のつづきです。

 

 

一つ一つミス(Error)を見ていきます。

 

UTGからAKでミニマムレイズしてBBがコールしたポットで、フロップT44でこちらにフラドロなし。

ここでハーフポットのCBを打つのは誤り(WRONG)と出ています。

 

f:id:shimadajp:20170612102352p:plain

 

正解は4分の1ポットのベットで、0.02の期待値が失われています。

個人的にはこの程度の期待値差は無視していいんじゃないかと思います。

続きを読む